土屋ソーラーファクトリーレポート
Vol.08 2015.2
このページは、土屋ソーラーファクトリー苫小牧・市民参加型ソーラーファンド出資者の方へ情報発信しております専用メールマガジンです。
 
土屋ソーラーファクトリーからのご報告
発電レポート
 
前年同月との比較 年同月総発電量 前年同月比 年間総発電量(ご参考)
1年目
(2013.8~2014.1)
618,515.23kWh - 1,528,900.91kWh
2年目
(2014.8~2015.1)
690,449.75kWh 111.6% -
14年8月から15年1月までの発電レポートです。グラフをご覧いだけるように、昨年8月から10月にかけては天候にも恵まれ前年発電量を大きく上回っております。
 
土屋グループからのお知らせ
土屋ホームの省エネ技術が昨年10月、「平成26年度北海道省エネルギー大賞」を受賞しました。

同賞は、北海道が省エネルギーや新エネルギーの開発・普及に顕著な功績を残した企業や団体を表彰するものです。26年度は、高断熱高気密と太陽光発電による発電で省エネに優れた住宅を販売しているとして、土屋ホームが省エネルギー部門の大賞に輝きました。

この技術は同じく昨年11月、356社が参加してアクセスサッポロで開催された第28回北海道技術・ビジネス交流会(ビジネスEXPO28)において、特別ブースで披露されました。高橋はるみ北海道知事の表敬訪問を受けた他、PRステージイベントでも北海道経済部から新事業として紹介され、応援のメッセージを送られました。
積雪寒冷地型ネットゼロエネルギーーハウス 北海道庁で表彰を受ける川本謙副会長
 
土屋ホームと土屋ホーム東北が昨年11月1日、合併して新たなスタートを切りました。

土屋ホーム東北は平成3年以来、東北地方のお客さまのご要望にお応えして参りましたが、特に東日本大震災以降はその復興に全力を傾注してきたところです。今回の統合は、そのお手伝いをより効率的に、また沿岸地方にまで進めていくためのものです。仙台に住宅部門の拠点を置き、6県全県に9か所の支店・営業所体制を敷きましたので、東北地方の皆さまにはますますのご用命をお待ちしております。

また、この合併は、消費税増税や資材価格の上昇など住宅産業をめぐる環境の変化の中で、お客さまによりマイホームをお求めやすい体制づくりを目指したものでもあります。北海道本店、東北本店、そして、関東本店という3地区本店のもと、現在のところ北日本、東日本を中心に全国15都道府県において支店を開設したところですが、いずれは全国津々浦々にまで土屋ホームの高性能外断熱住宅を広めたいと願っております。
 
メルマガ登録受付中です
土屋ソーラーファクトリーでは、苫小牧・市民参加型ソーラーファンド出資者の方へ発電情報をお届けするメールマガジン「土屋ソーラーファクトリーレポート」を配信中です。
メルマガ登録ページよりメールアドレスをご登録いただきますと毎月1回「土屋ソーラーファクトリーレポート」を配信いたします。
■アドレスバーに下記URLをご入力ください(メルマガ登録ページが表示されます)
登録ページURL:http://bit.ly/1fmnG8O

■QRコードから登録(スマートフォンをお使いの方はこちらから登録できます)
メルマガ登録-メールアドレス入力フォーム
【お詫び】2014年8月の発送を最後に未発送の時期が続きましたことを心よりお詫びいたします。今月号より、発送を3ヶ月に1回といたしまして引き続きお送りさせて頂きます。今後ともよろしくお願いいたします。
 
お問い合わせはこちら
土屋ホールディングス/011-717-5556(10:00~18:00/定休日土曜・日曜)
土屋ソーラーファクトリーレポートに関する、ご意見・ご要望は、support@tsuchiya.co.jpまで。
このページの内容について、無断転載・転用は禁止します。
このページの利用によって生じた結果に関しては一切の責任を負いません。 予めご了承ください。
Copyright©2013 Tsuchiya Holdings ltd.All Rights Reserved.
土屋グループ産業用太陽光発電